ありのままで

人と関わるのが面倒で 、苦しさを抱えていきてきた私だった過去の私!

心機一転

三人で暮らしていた部屋から長男が巣立った時

 

なんとも 切ない気持ち

 

心配と…不安と

 

様々な気持ちが入り乱れていたのを覚えている

 

今、次男も巣立ち

 

いつか この日は来ると思っていて

 

想像した時には ひとり号泣していたが

 

そうなってみたら

 

断捨離に明け暮れ

 

部屋の模様替えにわくわくしている自分がいた

 

なんとも 気ままな時を過ごしているが

 

日本古来の、特別な日には ひとりが身に染みる

 

そんな日が来るのかもしれない

 

そんな風に思うんだけど

 

その時は 何かやってやろう〜

 

そんな事を考えています

 

ひとりが寂しかったら

 

寂しいもんで集まっちゃうとか…

 

 

独りf:id:hicchankun:20180702104020j:image